読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみ、パパママれーとーすいみんひーるーねー

※ このブログは日々の欝憤を語る相手を持たないカタルロスなおじさんが疑似的にカタルゲインを得るために綴っているチラ裏ですし、「シス」前で区切ったせいで体調不良をゲットしたい人みたいになっています。

 

風邪をひいた。

気温の変化が激しいせいか、ここ数日忙しかったせいか、風邪をひいた。

首の痛みが尋常ではなく、水曜日に整骨院に駆け込むも改善せず、「絶対に今週の分を終わらせる。土日に出勤したらまじであかん。体調的にも、予定的にも」という気合で金曜日を乗り切った夜、顔が熱を帯びているのに気づき計測してみたらそこそこの温度を検知した。なんだ、ついにH先輩みたく関節に異常をきたしたかと思ったぜ。だだの風邪でよかったぜ。でも早く直さないと夢の休日が台無しだぜ。と、液体タイプの風邪薬とカップ蕎麦を買い、胃に流し込むと早々に布団に入った。

 

今日の行動

今朝、体調は良くなっていた。朝ご飯を作れる程度には。ここ数日ほったらかしていた植物に水をやれる程度には。種を撒いた桜は2ヶ月経っても芽を出さない。実家から切ってきたゼラニウムには蕾が現れた。枯れたと思った柿は、1本の枝に芽が見えている。世の中悪いことばかりじゃない。

今日の予定は、資格の学校に行くことと、本屋に行くこと。どちらも終えた。

資格の学校へは、今年の受験ができなくなったためお金の相談に行った。僕としては来年改めて入学しなおしなどできないものか、と淡い期待を抱いていたが、やはりそう甘くはなかった。教材、web配信共に受領済みなうえ、授業も半分以上を消化している。今解約して帰ってくる額を考慮した結果、解約せずに最後まで受けることにした。受けられなくなった理由を書いていたら大学を中傷する内容になっていた。危ない危ない。卒業時点で僕に対処法があったのは不明だが、なかったのではないかと思うのだが、資格の学校に入学する前に大学に問い合わせることはできた。ともかく、今年受けられなくなっただけで、来年は受けられる。1年のつもりで勉強していたのだから、来年は余裕であろう。これ以上悩んでいてもどうしようもない。明日は講義だから、切り替えてやる気を出す必要があるだろう。

本屋へは、プレゼントを買いに行った。母と友人に図録を買うために。本屋界隈ではミュシャやらブリューゲルやらが流行っている。母は確かミュシャは好きだったと思う。母は度々、東の都の展覧会の話をするが、南国の片田舎で日々パートに追われる母に国立美術館は遠い。そこに付け込んで誕生日には興味のありそうな書籍を送り付ける。なんとお手軽。父の誕プレとのバランスをとるために他にもお花の写真集などを付けた。友人には山口晃。友人は、僕の数少ない友人である。僕が友人と呼んでいるのは4人ほどいる。そのうち、ここ1年で連絡を取った友人は彼だけだ。まさに親友といえよう。大事にしなければならない。親友は最近、誘えば展覧会についてきてくれるようになった。高校の頃は時間の無駄だからと見向きもしなかったが、ここ数年、熊本で会うたびに僕が誘うので行ってみようという気になったのだろう。そして意外と面白かったのだろう。ちょろい男だ。先日も、高橋コレクション展に2人して馳せ参じた。楽しみにしていた展覧会である。その為にGW、後先考えずに仕事を先延ばしして帰省したといっても過言ではない。お陰で今週地獄だったのは、資格関係の不備と寝不足が手を組んだためと言えなくもない。さておき高橋コレクション。その内、山口晃の作品の前で親友は足を止めていた。そういえば、親友は草間彌生を酷評していたし、漫画もオバQも好きだ。山口さんとは波長が合うのだろう。2年も前だが、鹿児島であった山口晃展の話をすると、珍しく興味をそそられたようなそぶりを見せていた。もうすぐ彼の誕生日なのをいいことに、山口晃大画面作品集を送り付けた。親友は親友で忙しいと言っていた。そんな彼の貴重な時間を少しでも削れれば幸いだ。

自分の本も買った。こちらは中古だが。たまたま見たサイトで叙述トリック特集をやっていたので、蔦屋の中古コーナーにあった3冊と、そのほか目をつけていた数冊を購入した。うち1冊を読み進めてみたが、「あれ?これって語り部を誤認させるフレンズじゃね?」と早い段階で気づいた。叙述トリックと知って読んだのがいけなかったのか、一人称で語られる地の文と会話文との間の違和感にページを遡ってしまったのがいけなかったのか。それで少し読み気を削がれ、ブログを書き始めて今に至る。しかしこれはミステリだ。ここまで読んだ時点で、明らかにクローズド・サークルものだ。人物関係の錯誤と事件の謎とは別物かもしれない。第一、まだ事件が発生していない。発生するであろう、そして嵐に見舞われるか1本しかない橋が落ちるかするのであろう、ケータイは年代的に普及していないからめんどくさい圏外だのどうの設定は不要であろう、現場へ到着すらしていない。話の流れは見えてきた感があるが、ここはミステリのミステリな部分に絞って面白い小説かどうか見定めるべきであろう。曇りなき眼で。

 

今日の反省

・風邪がぶり返した。20時ごろ帰り、なんかしんどくて寝て起きたらまた熱が出ていた。しつこい。

・薬を飲む時間を間違えていた。この風邪薬は食前に飲むものであった。昨日から、食後に飲んでいた。効果減退が推察される。

・病み上がりで歩きすぎた。スマホ歩数計が10000歩を超えている。学校や本屋や蔦屋やご飯屋やで歩き回ったのがよくなかった。

・食事を作る気が起こらず、昨日に続きカップ麺を買いに行った。消化にいいものをと、蕎麦を。昨日買った蕎麦はインスタントなせいか、蕎麦感が薄かった。今日は野菜たっぷりの蕎麦というのを見つけたので買ってみた。帰って気づいたが、それは中華そばだった。ラーメンを中華そばという文化消滅しろ。あとカップラーメンやカップうどんはいっぱいあるのにカップ蕎麦が少なすぎるからどうにかしろ。蕎麦屋もあまりに少ない。

・資格のごたごたは学校との話が終わった時点でいったん忘れようと決めたが、また思い返していた。どうすればよかったとかは、ない。どうするかは、決まっている。金銭的なことは、辛いが、どうにかなると結論した。もう悩む必要はない。

・ご飯やさんでふと気づいたとき、一人で席についているのは僕だけだった。女性二人が最も多く、男女1名ずつが続き、次に家族連れ。そのほかの組合せが見当たらない中、僕だけが一人で席について食事をしていた。時々行く店だが、今日初めて気づいた。一人で食べている人がいない。一人で外食をする人は一体どこで食べているんだ。

・本屋で送付先の住所を二枚書いた後、プレゼント用の包装はできますかと聞いたところ、プレゼントの場合は依頼主と届け先の両方を書くVer.があるとかで、書き直しになった。店員さんにしきりに謝られた。僕がプレゼント用と言うのが遅かったのが悪いだけだし、その人は研修中の札を付けていたし、とても申し訳なくなった。

・来週の土曜は勉強会だった。資料を作らなければいけないのだった。平日やってる余裕はないから、明日やらねば。やりたくない。しんどい。

・辛い。辛いって考えないようにしているはずだけど気づけば辛い。今は風邪だからしょうがない。明日からは辛くない。

・眠い。